脱毛 ヒザ下

ヒザ下の脱毛の注意点とケア方法とは?

脱毛初心者

ヒザ下は脱毛部位の中でも人気が高いパーツです。
人気の部位です。
いろいろある脱毛パーツの中でも人気が高いのがヒザ下です。
ワキの施術から始めて、次にヒザ下に移行される方も多いようですね。

 

「スキンケア=顔」と思われがちですが、
十分な脱毛効果を得ようと思うなら、
ヒザ下もしっかりと保湿する必要があると言われています。

 

どちらかというと全身の中でも放置されがちなのが
ヒザ下なのではないでしょうか。
ご存知ない方も多いかもしれませんが、
乾燥しやすいのがヒザ下です。
特に冬場になると乾燥が進み、粉を吹いて白くなったりする方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

自己処理の危険性

 

乾燥した状態で、カミソリなどを用いて自己処理すると
余計に肌を傷めてしまうことになります。
カミソリにより皮膚が削れてしまい、痒みを伴うなど
様々な肌トラブルを招く可能性もあります。
更に症状が悪化すると色素沈着となり、
全体が黒ずんで見えたりすることもあります。

 

また、自己処理することにより毛が太くなり
例え肌を傷めたとしても、処理せざるを得ないという
悪循環に陥っている方も少なくないはずです。

 

脱毛サロンに通うと、それなりに費用はかかりますが、
これから先の自己処理から解放されると思えば、
少々のお金を支払ってでもプロの施術を受ける価値が
あると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

脱毛の料金

 

脱毛サロンを選ぶ際に料金比較してみましょう。
ワキの効果
脱毛サロンに行ってみたいけど、料金が気になるという方も多いと思います。
私自身も最初はそうでしたから。
ワキはどこのサロンも安くなっているけれど、その他の部位になるといったい
どこで脱毛するのがお得なのでしょうか。

 

ヒザ下ならココのサロンが安いとか、全身ならココがお勧めといった感じで、
パーツごとに最適なサロンは異なります。
ちなみにワキなら断然ミュゼがお安いです。
もちろん効果もバッチリなので、まずはワキから始めたいという方は
ミュゼに申し込まれると良いと思います。

 

ワキは済ませているので他の部位を・・・というのであれば、
そのパーツごとにお得なサロンをチェックされてみてはいかがでしょうか。

 

 

ワキから全身へ

 

全般的に料金が下がっていることから、
最近では全身脱毛を検討される方も増えているみたいですね。

 

ちなみに私もワキからスタートして効果アリだったので、全身に移行しました。
私の場合は、安心感があったのでそのままミュゼで契約!
料金も他サロンと比較しても、特別高いという印象を受けなかったので決めました。

 

他に行ったことがないから詳細は分かりませんが、
ミュゼは本当に評判通り接客面でも技術面でも問題なしです。
安心して全身を任せることができますよ。

 

ミュゼ以外ですと、最近人気のストラッシュも注目です。

 

ストラッシュ 広島』など新店舗でおすすめです。

 

 

 

クリニックの脱毛

 

エステとクリニックの脱毛の違いとは。
料金の違いです。
ひと言に脱毛といっても、エステサロンとクリニックの脱毛があります。
最近流行りなのがなんといっても脱毛サロン。
料金もクリニックに比べてリーズナブルで、
主婦層でも問題なく通える料金設定が人気の秘訣のようです。

 

一方、クリニックでは一般的にエステサロンよりも料金が割高にはなりますが、
医療用レーザーを医師の管理のもとで使用されているので、
万が一のトラブルの際にも適切に対処してもらえます。
肌が弱い方は、どちらかというと
皮膚の専門である皮膚科や美容外科で行っている脱毛の方が安心できるでしょう。

 

 

効果の違いは?

 

クリニックではエステよりも出力の高いレーザー機械を用いているため
少し痛みを感じやすいと言われています。
その分、高い効果が実感できるようです。

 

エステの場合はIPLという光の力を利用した機械を用いていて、
ほとんど痛みを感じることはありません。
ただし、効果もそれなりです。
脱毛の仕組みとしては、毛根を焼くことになるので
少なからず痛みを伴うのは仕方のないことです。
痛みが全くないとなると、効果もそれなりだということになるのです。

 

施術の時間はどちらも同じくらいで、ワキなら5〜10分程度で終了します。
どちらが良いとは一概には言えませんが、
料金や雰囲気、サービス内容などを見極めて、
良いと思えるところを選んでみましょう。
脱毛サロンとキャンセル料
脱毛サロンでは予約をキャンセルすると
キャンセル料が発生するところもあります。
ミュゼも以前までは当日キャンセルで1000円の
キャンセル料が発生していました。

page top