顔脱毛 デリケートゾーン

顔の脱毛で重要な事

脱毛初心者

顔の脱毛で自己処理楽々!美肌へ。
産毛の処理が大切!
顔のムダ毛の大半は産毛ですよね。
そのため、顔用カミソリ等を用いて手軽に自己処理される方も多いのではないでしょうか。
ただし、カミソリで剃るということは、
少なからず皮膚にもダメージを与えてしまうことになります。

 

そのため肌へのダメージが大きく、
回数を重ねるごとに色素沈着等のトラブルの原因となってしまいます。
いくら毛の薄い顔とはいえ、できることなら脱毛サロンやクリニックなどで
プロの施術を受けることをお勧めします。

 

自己処理不要で美肌になれる

 

エステやクリニックに通うということで、それなりに費用はかかるのですが、
一度脱毛しておけば、後々の処理が不要になるため随分と楽です。
永久とまではいかなくても、ある程度処理しておくことで、
その後の処理回数が少なくて済みますから、
その分、肌に負担をかけなくても済むということになります。

 

エステやクリニックでの脱毛は、処理が楽になるというメリットだけではありません。
毛穴を小さく目立たなくする効果が期待できるため、
美肌を手に入れることもできるのです。
ムダ毛がなくなれば顔全体の印象が明るくクリアになりますし、
毛穴の目立たない美肌を手に入れることができるのです。

 

脱毛することでこんなにもさまざまな効果が期待できるなんて、
まるで夢のようですね。

 

 

毛周期に合った脱毛

ムダ毛には毛周期というものがあります。
一般的に成長期・退行期・休止期とがあり、3サイクルによって成り立っています。

 

毛周期のサイクルは部位によって若干違いはあるものの、
通常2ヶ月程度だと言われています。
脱毛処理を行う上で大切なのは、この毛周期に合った方法で処理を行うことです。

 

 

2ヶ月おきに脱毛するのは、ムダ毛には毛周期というものがあるからです。
毛のサイクルが重要なんです。
ムダ毛には毛周期というものがあります。
一般的に成長期・退行期・休止期とがあり、3サイクルによって成り立っています。

 

毛周期のサイクルは部位によって若干違いはあるものの、
通常2ヶ月程度だと言われています。
脱毛処理を行う上で大切なのは、この毛周期に合った方法で処理を行うことです。
そのため脱毛サロンやクリニックでは2ヶ月間隔で施術を行うことになります。

 

毛が最も長く伸びている状態が成長期です。
部位によって毛が伸びる速度も変わってくるのですが、成長期が長い場合にはその分、
毛も長く伸びることになります。

 

成長しきった毛が抜けるまでを退行期と呼びます。
そして、毛が抜けて次の新しい毛が生えてくるまでの期間を休止期と呼びます。

 

 

毛乳頭の破壊

 

どんな人でもこの3サイクルの毛周期を辿っており、
1日に100本近くの毛が自然に抜け落ちているのが現状です。

 

中にはムダ毛を毛抜きなどで抜く方もいらっしゃいますが、
基本的には毛に栄養を与える部分である毛乳頭が破壊されない限り、
再び毛は生えてきます。
毛乳頭を根こそぎ破壊することが永久脱毛の仕組みです。

 

エステやクリニックにおける脱毛では、この毛乳頭に直接働きかけ、
ムダ毛を永久的あるいは半永久的に処理します。

 

 

 

デリケートゾーンの脱毛

 

デリケートゾーンの脱毛にはVIOラインがあります。
アンダーヘアのムダ毛が厄介ですね。
Oライン、Iライン、Vラインなど細かく分類をしながら脱毛を行うのは、何のためなのでしょう。
Vラインで脱毛するのは下着の外側のアンダーヘアです。
Iラインは下着の内側と外側、Oラインは下着の内側です。

 

プロポーションのいい水着や下着を着こなしたいなら、
VラインやIラインはしっかり脱毛しておきたいものです。

 

水着を着ている時の姿勢を気にする余り、行動が不自然なものにならずに済みます。
誰かと同じ部屋で着替えなければいけなくなっても、戸惑わずに行動ができるでしょう。

 

ストラッシュ 仙台』などいいみたいですよ。

 

 

 

ムダ毛処理と清潔感

 

デリケートゾーンの毛が減ることで、生理にその部分が蒸れてしまって困るということが少なくなるといいます。
VラインもIラインもOラインも普段は洋服で隠れている部分です。
ワキや腕や足などに比べたら必然性は高くはないようですが、
おりものなどの不快なにおいを感じにくくなるという人もいるようです。

 

気持ちの面では、脇や腕や足の毛よりもずっと違いを感じることができたという方もいます。
具体的にどこまで脱毛するかは、カウンセリングの段階でしっかり決めます。
エステサロンによっては、Vライン、Iライン、Oラインのうちどのラインの脱毛ができるか違うといいますので、
希望される場合はネットなどでよく調べておきましょう。

page top